多汗症 治るのか

多汗症は治るのかどうか

スポンサーリンク

他の人よりも汗をたくさんかくことで悩んでいるという人がいます。
この中には病気とされているものもあり多汗症と呼ばれています。
これは日本の人口の約0.5%程度とされています。
発症にはさまざまな原因が考えられていますが、体質ではなく病気となっています。
したがって治るのかどうかが気になっている人がいますが、しっかりとした治療を受けることで治すことができます。
治療の基本となっているのは、交感神経を何らかの方法で遮断したり切断するというものになります。
ここではアルコールを使って交感神経を遮断したり、手術をすることで交感神経を切除すると言うことが行われています。
手のひらに症状が見られるというような人がいますが、この場合、今までは肋骨部分にある交感神経を遮断するという方法が行われていました。
これは腹腔鏡交感神経切除術といいます。

スポンサーリンク

 

しかし最近ではこの方法よりも効果が高い腹腔鏡下交感神経切除という方法が広く行われるようになっています。
足の裏に症状が見られるという人もいますが、この場合手術による治療よりも腰椎の側面にある交感神経を遮断するという腰部交換神経節ブロックという方法が一般的です。
また多汗症には自律神経の中の交感神経が大きく関わっていると言うことで、心理療法が効果的であるという見方もあります。
多汗症の治療では手や足の汗の量を正常に戻すと言うことが目的ではありません。
完全に汗を止めると言うことが目的となっています。
手のひらの治療を行った後は、今までの汗の量が嘘のように乾燥した状態になります。
治療の際には専門にしている診療科がないので、一般的には麻酔科やペインクリニック科や血管外科などを選ぶようにします。
治療の費用は保険適用で自己負担が20万円前後となっています。

スポンサーリンク