多汗症 顔 首

顔や首の多汗症の原因と対策

スポンサーリンク

汗は体温調節をするために分泌されるものなので、暑い時や運動をした時などは自然に汗をかきます。
しかし、体温調節と無関係に大量の汗をかく場合は多汗症という病気である可能性があります。
多汗症は全身に起こることもありますが、顔や首など体の一部にだけ起こることもあります。
顔や首の多汗症の原因で最も多いのが精神的なものです。
これらの部位に大量の汗をかくと人目が気になったり、他人から汗のことを指摘されるのに強い恐怖を感じるようになります。
すると、緊張によってより多くの汗をかいてしまうことがあります。
また、ストレスや自律神経の変化、偏った食生活などによる生活習慣の乱れ、内臓の疲弊、交感神経の乱れなどが原因となることもあります。
内蔵が弱っていると脳からのシグナルによって汗の量が増えることがあります。
交感神経が乱れると多汗以外にめまいや疲労感などの症状が現れることがあります。

スポンサーリンク

 

精神的なものが原因である場合は、汗をかくのは普通のことだと思って気にし過ぎないことが大切です。
なかなかそう思えない場合は、専門のカウンセリングを受ければ発汗に対する不安や緊張を取り除きやすくなります。
精神的な問題を解決するのに時間がかかる場合は、以下のような方法を使えば発汗を一時的に抑えることが可能です。
まず、おしぼりや冷却剤などを使って首筋を冷やすことです。
太い動脈がある首筋を冷やすことで血液の温度を効率よく冷やすことができるので、顔や首の発汗を抑えることが可能になります。
また、わきの下を冷やすことも有効です。
次に、さらしを巻くなどして胸を圧迫することです。
乳輪周辺を圧迫することで一時的に胸から上の発汗を抑えることが可能ですが、圧迫が強すぎたり長時間圧迫したりすると血行が阻害されることがあるので注意が必要です。
また、発汗を抑える効果がある労宮というツボを指圧するのも有効です。
労宮の位置はこぶしを握った時の中指と薬指の先端の間です。

スポンサーリンク