多汗症 脱水症

多汗症と脱水症について

スポンサーリンク

汗をたくさんかくので水分の量を控えようと考えている人がいます。
しかし水分の摂取量を控えたからといって汗の量が減ると言うことはありません。
季節や気温など環境に関係なく汗をかくことがありますが、このような症状が見られる場合には多汗症の可能性があります。
汗をたくさんかくことで肉体的にも精神的にも疲れたと感じる人が多くなっています。
またこのような症状で悩んでいるという人は、汗に対する対策を取っている人がほとんどです。
しかしこのときに水分やミネラルの補給に関してまで考えているという人はほとんどいません。
ここで注意しなければいけないのは、多汗症の人は他の人と比べてたくさん汗をかくので、脱水症になりやすくなっていると言うことです。
したがって水分だけではなくしっかりとナトリウムなどの成分も補給するように心がけることが大切です。

スポンサーリンク

 

脱水症とは、体の中の水分と電解質が失われた状態のことを言います。
人間の体は成人で60%から65%は水分となっています。
この中には水分の他に細胞内液やリンパ液なども含まれています。
そして体の名館の水分はいつも循環しながらきれいになっています。
そして不要なものは排出されるようになっています。
しかしたくさん汗をかくことで、体内の水分量が減少すると血液の量も減ってしまいます。
その結果血圧が低下し内臓の働きも低下しさまざまな症状が現れてきます。
このような症状を予防するためには、まず水分やミネラルをしっかりと補給すると言うことになります。
しかしここで気をつけなければいけないことは、水分とミネラルを同時に摂取できるからと言うことで、スポーツドリンクをたくさん飲み過ぎないようにします。
ここにはミネラルの他に糖分もたくさん含まれているからです。
したがって海洋深層水などを少しずつ摂取することが理想です。

スポンサーリンク