多汗症 頭 子供

頭から汗が止まらない多汗症は子供や女性も要注意!

スポンサーリンク

多汗症は過度な運動をしたわけでもなく、暑苦しいわけでもないのに大量の汗が出続ける病気です。
これと言った明確な原因は解明されておらず、精神的ストレスが最大の要因ではないかと言われています。
多汗症の人の場合、多くの人の前でのプレゼンや、ミスを許されない状況での不安感により、頭や顔、脇などから大量の汗が湧き出てきます。
ストレスや不安感、過度の緊張を感じると交感神経が敏感に反応し、汗腺の働きを促進させます。
交感神経がもともと敏感な人ほど、多汗症になりやすいと言えます。
また原因の一つではないかと言われているのが、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスが乱れると交感神経も乱れる場合が多く、その乱れにより多量の汗が湧き出てくるのです。
特に女性は妊娠や閉経、更年期とホルモンバランスが乱れてしまう機会が多いので、この影響を受けやすいのです。

スポンサーリンク

 

多汗症の直接的な原因とは言いきれませんが、遺伝の要素も否定はできません。
思春期以降に本人が自覚し始めることが多い病気ですが、乳幼児や子供の頃から、何もしていないのに過度に汗が出続けている場合もあります。
また原因の一つとして、生活習慣、食生活も関係しています。
辛党で何にでも七味をかける人や、熱いものを好んで食べる人は、これらの食事を続け過ぎると食事の度に、多量の汗が出続けるようになります。
また肥満の人は多汗症である人が非常に多いです。
予防法とし食事の量や、栄養バランスを考えた食生活を意識し、肥満にならないよう注意しましょう。
また辛いもの、熱いものが好きな人は、いくら好きだからと言って毎食は避けましょう。
七味やカラシ、コショウなどのかけ過ぎに注意することが重要です。
様々な原因が考えられる病気ですので、原因が自己判断できない場合は専門の医師に相談をして、原因を解明し改善を目指しましょう。

スポンサーリンク