多汗症 顔 女

多汗症の女性で顔に大量の汗をかいてしまう原因と対処

スポンサーリンク

多汗症の女性で顔に大量の汗をかいてしまう場合、恥ずかしさや化粧崩れなどを気にして、外出が嫌になってしまう方もいるようです。
多汗症の原因は様々で、もともとの体質や精神的ストレス、不規則な食生活と言われていますが、それにより引き起こされる自律神経の乱れが主な原因です。
ですからできるだけ自律神経を整えるような生活をすることが大切になってきます。
まずは十分に休養をとり、睡眠時間をしっかり確保することが大切です。
そして、ストレスに対する耐性を高めることも重要です。
考え方が悲観的であったり、極度に失敗を恐れる思考のクセを持っていると、自分に自信がなくなり、ストレスを感じやすくなってしまいます。
失敗は誰にでもあるもので、周囲の人はそんなに気にしないし、できない部分も全てひっくるめて自分を受け入れられるようになることが大切です。

スポンサーリンク

 

また、汗をかきたくない、汗をかきたくない、と思えば思うほど症状がひどくなってしまう傾向があります。
汗をかくのは自然なことであり、多少多かろうが少なかろうが、実はさほど問題ではないのです。
問題になるのは「困る」という感情が起こった時であり、同じ症状を持つ人であっても困っていなければ多汗症とは言えません。
また、大量の汗をかくことによって困ることの一つは、体内のミネラルなど必要な栄養素が外に排出されてしまうことです。
副腎疲労の原因にもなりますし、副腎疲労になるとまた汗をかきやすくなるので、適度に塩分を摂取する必要があります。
塩分を意識して摂取することにより、疲れやすさや大量の汗が緩和された方もいるので、気をつけてみることもオススメです。
女性の場合、顔に大量の汗をかくのは嫌なものです。
しかし、化粧室に行けば化粧直しもできますし、汗をかくことは肌を美しく保つ上で重要なことです。
漢方などもありますから、自分に合った対処法で、症状と付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク