多汗症 保険適用 病院

多汗症治療で保険適用される病院の治療について

スポンサーリンク

病院の中には多汗症という治療を保険適用内で行っていることがあり、特徴として治療費を安く抑えることが可能です。
代表的な保険適用内で多汗症の治療として、ボトックス注射ということが行われることが多いです。
体内に注射することによって、発汗を促す成分を抑制することが可能になるというメリットが得られます。
美容目的で利用する場合には治療費が安くなることはありませんが、治療目的の場合には保険が適用されることがあります。
一度ワキに注射をすることで数ヶ月は効果が維持されるため、比較的持続性が高いのが特徴となっています。
また多汗症を扱っている病院であれば、治療という理由なら保険が適用される可能性も高くなります。
このように美容目的ではなく治療として行う場合であれば、保険適用内として施術が行われることが多くなっています。

スポンサーリンク

 

 2つめの病院での治療として保険適用される多汗症として、切除法と呼ばれている外科手術が利用されることがあります。
これは汗の臭いを発生させている物質を除去することによって、病気を完治させていくことが可能となっています。
利用される特徴として治療の範囲が広い場合において、切除法という治療法が選択されることがあります。
またボトックス注射と並行して扱っていることもあり、そういった場合には患者自身が選択することも可能となっています。
内容については治療範囲などによってメリットが異なるため、状況に応じて使い分けていく流れとなります。
どちらも治療実績がある医師が担当をするため、事故やトラブルにおいて発生する確率も低くなっています。
これが保険適用される病院での多汗症治療の特徴であり、症状によって治療方法が異なってしまうことがあります。

スポンサーリンク