多汗症 男性ホルモン

男性ホルモンと多汗症について

スポンサーリンク

汗をたくさんかくという人がいますが、これは性別に関係アルのかどうかが気になります。
とくに男性の方が汗をかきやすいと考えている人がいますが、一般的には男性の方が女性よりも汗をかきやすく、多汗症などの病気に悩む割合も高くなっています。
そこには理由があります。
それはホルモンや基礎代謝や皮下脂肪といった要素が関係しています。
この3つの要因からたくさん汗をかくという傾向があります。
そこでホルモンに関してですが、男性ホルモンというものがあります。
これは発汗を促進させるという作用があり、逆に女性ホルモンは汗を調節することができ抑制させる作用があります。
したがって男性の方が汗をかきやすくなっています。
また基礎代謝に関してですが、これは男性の方が女性よりも高くなっています。
すなわち熱の産生が多くなるので、体の中に熱が発生しやすく汗をかきやすくなります。

スポンサーリンク

 

皮下脂肪も汗と非常に関係が深くなっていますが、これは女性の方が男性よりも多いという傾向があります。
とても暑いところや直射日光が強いところでは、皮下脂肪が家の断熱材のような役割を果たします。
その結果外気温が体の中に入りにくくなっているので、汗もかきにくくなります。
しかしこのような症状も生活の中で改善することができます。
汗を出にくくする食べ物があります。
それは女性ホルモンと同じような働きをする大豆などに含まれるイソフラボンをたくさん含む食べ物になります。
豆腐や納豆や投入などを積極的に取るようにします。
またハーブティーにも効果があります。
汗をかくときには自律神経のバランスが乱れていると言うこともあります。
多汗症の場合には精神的なものが原因となっていることが多いので、緊張や不安や心配などの要素を取り除くためにも、ハーブティーは効果があります。

スポンサーリンク