多汗症 ボツリヌス 保険

多汗症のボツリヌス治療は保険が使える?

スポンサーリンク

多汗症の症状を抑えていくための治療方法として、ボツリヌス治療というものがあります。
ボツリヌスというのは菌の名前で、このボツリヌス菌から生成される毒素を活用して多汗症の症状を改善していくものが、ボツリヌス治療になります。
毒と聞くと危険な気もしますが、これは、ボツリヌス菌の毒素を体の汗腺の部分に働きかけさせて、汗が出にくい状態を作っていく方法になります。
この毒素は、神経伝達物質の働きを抑えて、汗が出にくい状態を作っていきます。
これは、毒素を注射によって取り入れて治療を行うもので、1度注射を行うと、数か月にわたって効果が持続していきます。
そのために、年間数回程度注射を行うだけで、多汗症の症状を抑えていくことができるといわれている治療方法なのです。
しかし、このボツリヌス治療というのは、それなりに費用がかかってしまうという欠点があります。
そこで気になってくるのは、このボツリヌス治療には保険が使えるかどうかということです。

スポンサーリンク

保険適用となって医療費を安く抑えることができれば最高ですよね。
実は、この治療方法は2012年の途中から保険が適用されるようになりました。
これによって、費用面の負担はそれまでよりも少なくなったといえます。
しかし、それでも自己負担額は決して少なくなく、また、年に数回注射を行うのであれば、そのたびに費用が掛かってきてしまうため、この治療を行う時は症状が重症で、日常生活にも支障が現れてくるような状況の時に活用するようにするといいでしょう。
多汗症の治療方法としても別の方法もあるため、最初からいきなりこの方法で治療を行わないことも多いです。
また、症状が出ている部位によっても、治療方法が異なってくる場合もありますので、自分の症状をきちんと把握したうえで、病院の先生と相談しながらじっくりと治療を進めていきましょう。
すぐに症状を改善してしまいたい気持ちも非常によくわかりますが、様々な観点から総合的に考えて治療方針を決定していくことも大切です。

スポンサーリンク