多汗症 自律神経訓練法

多汗症と自律神経訓練法について

スポンサーリンク

精神的なことが原因となってたくさんの汗をかいてしまうという人がいます。
これはストレスなどが原因となっていることが多いですが、多くが手のひらにたくさんの汗をかきます。
また自分でのその原因が分かっていると言うことで緊張しないように心がけているという人も少なくありません。
しかしこのように緊張しないようにすればするほど汗が止まらなくなり、最終的には汗がたくさん出るという悪循環に陥っています。
簡単にリラックスをすることができれば問題ないのですが、これがなかなか難しいのです。
自分でリラックスした状態を作ると言うことは自律神経に働きかけると言うことになります。
そのためには科学的な働きかけが必要になります。
これは多汗症における自律神経訓練法になります。
自律神経の働きを自分でコントロールできるようにする方法ですスポンサーリンク

 

この方法は自己催眠法から発展したものとなっており、ストレスを抱えている人が多い現代社会では悩みを解消するために応用方法も開発されています。
ここには多汗症を抑えることを専門にしている自律訓練法もあります。
その方法や手順は次のようになっています。
自宅で行うという場合には次のように進めていきます。
まず服装ですが、リラックスできるものにします。
体を締め付けるようなジーンズや上着は避けるようにします。
アクセサリーなどもはずしておきます。
部屋を静かにして部屋を暗くし、布団やベットの上に仰向けになります。
落ち着いた状態で気持ちが落ち着いているという安静感や重力感覚や温度感覚、呼吸調整や腹部や頭部への意識を集中します。
このような感覚を順番に感じていくことで、リラックスすると言うことが自分でできるようになります。

スポンサーリンク