多汗症 自律神経 コントロール

多汗症治療には自律神経コントロールが効果的です

スポンサーリンク

多汗症とは、激しい運動をしたわけでもないのに、体から大量の汗が出てくる症状です。
本人の意思とは裏腹に出てくる汗にヒヤヒヤしながら外出したり、一日に何度も着替える位の汗をかく場合もあります。
この多汗症は、主に精神的ストレスが原因だと言われています。
しかし、原因はストレスとは断言出来ません。
体の他の部分の病気が原因で、汗を多くかいているのかもしれません。
そのため、日常生活の中で、自分が異常に汗をかくと感じている方は、一度専門の病院を受診する事が良いです。
原因が見つかる事で、その症状を改善させる事が出来るかもしれません。
さらに汗をかく事を気にしすぎて、それがストレスになってしまい、悪循環を起こしてしまっているケースもあります。
無意識にストレスを感じる事で多汗症を起こしてしまっている方もいます。
そのため、自分では何もないと思っていても、体に症状が出ているのであれば、何らかの対処を行い、改善させる事が必要です。

スポンサーリンク

 

 この多汗症の治療法としては、交感神経遮断術という治療法があります。
これは主にて手掌に汗をよく方に用いられる手術法です。
その名の通り、脊髄から交感神経の元となる部分を遮断することにより、手にかく汗を減らす効果があります。
しかし注意しなければならないのは、手に流れていた汗が体の他の部分に広がるため、体の違う部分で汗の量が増える場合もあります。
そのため、緊張して手に汗をかくという事を辛いと感じている場合は、しっかりと医師に相談し、この手術を受けるかどうかを決める必要があります。
他にも出来る治療法は、自律神経をコントロールさせる方法です。
主に汗をかくというのは、緊張等を感じた際に交感神経が過度に反応してしまうため起こる症状です。
そのため、この過度な反応をコントロールする事で、自然に汗をかく量を減らす治療法です。
気持ちをリラックスさせ、擬似的な緊張を与え、緊張に慣れさせます。
そうしていくことで、自然と緊張反応を制止出来るように体が覚えていくのです。
毎日コツコツと行う事で、次第に多汗症を改善させる効果があります。

スポンサーリンク